2018年6月アーカイブ

住宅街において、家屋の破壊、解体工事というのは相当に迷惑をかけることがあります。ですから、周りを足場防音シートで仮囲いして、そして屋根瓦の撤去をしたりしていくわけです。そして、建物本体の取り壊し、ということに繋げていくことになります。そして、解体しますとそのゴミ、廃棄物を今度は収集してもらって、廃棄をすることになります。これにもそこそこお金がかかるということになりますから、覚悟しておきましょう。当たり前ではありますが危険な行為が伴うことになります。ですから、当然ながらしっかりと安全性を確保して、ということになります。しっかりと足場を確保してから行うということが当たり前になっているのはそうしたことが理由になっています。特に狭い住宅街では粉塵が飛ぶことがないように、ということを配慮したりする必要性がありますし、音が五月蝿いことにもなりますから周辺住民への説明などもしないといけない、ということになります。

福岡市の解体費用の費用の単価坪は?優良業者の選び方

このアーカイブについて

このページには、2018年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2018年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31